Site menu:

ブログロール

分会リンク

老螳螂掲示板

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

お勧め書籍

1995年、青島での練習動画

「摔捋」という相対練習套路です。
右には、王家太極螳螂拳傳人の王元亮師父が座っていて、指導頂いている風景です。
太極螳螂拳では摔捋は演練套路でも伝わっていますが、この相対練習との関連は分かりません。
参考比較として92年訪問時に、蓬莱の学生が演練した摔捋を合わせて掲載します。

「山東武術螳螂拳」発刊のご案内

バランスアカデミー片桐陽氏の協力を頂き、国書刊行会社から「山東武術螳螂拳」を10月下旬に発売する運びとなりました。
本書は螳螂拳の入門書ではなく、山東武術の根底にある歴史と武侠精神と反逆の精神、更には以武会友の習慣などにアプローチし、文化としての中国の武術を紐解いて行きます。
螳螂拳も達人たちの奇伝を紹介し、更に既成の螳螂拳のイメージを打ち破ることができれば成功だと思っています。
「水滸伝」を生んだ山東武術、是非ご一読いただければ幸いです。

https://www.kokusho.co.jp/sp/isbn/9784336073747/

山東武術螳螂拳
山東武術螳螂拳

趙竹渓先生

 趙竹渓先生は1930年代、南方へ螳螂拳を伝播した人物の一人である。その弟子は七万人を超えると言う。独特の風格を持つその拳芸は、螳螂拳を超越した武術であると言える。

 我々は2019年春、片桐陽氏からご縁を頂き、カナダの陳慶澐先生との交流でその拳風に触れることが出来た。以下趙竹渓先生に付いて紹介する。

【趙竹渓】

 趙竹渓(1900~1991年)は字を長青と言い、山東掖県沙河鎮旺村趙家庄の人である。孫元昌の再伝弟子であり、太極螳螂拳第七代伝人である。南洋各国に螳螂拳を伝えた名師であると聞く。

 趙竹渓は五歳の時に母を失い、12歳で平度大澤山智蔵寺に入り太祖長拳を10年に渡って学び、22歳で掖県沙河鎮に戻って八徳勝鏢局で鏢師を一年余り務めた。鏢頭の死後、八徳勝鏢局は店をたたんだので、1924年趙竹渓は掖県を離れ、煙台で商売をしていた叔父の元に身を寄せた。当時の煙台は武術を学ぶことが大変流行っていて、武館が林立していた。趙竹渓はそこで見聞を広げたが、特に激しく気勢の凄まじい螳螂拳に惹かれ、螳螂拳の名人である任鳳瑞、遅守進を拝して七年間に渡って太極螳螂拳を学んだ。遅、任の二人の師は孫元昌を師とし、孫元昌は即ち梁学香を師としていたのである。

 武術から離れることができす趙竹渓は叔父に背いて武館を開き、1930年以降香港に移り、相次いで厦門、香港等の地で武館を開いて15年間拳法を伝えた。抗日戦争に勝利した後、趙竹渓は広州に移り住んで武術の伝承を続けた。

 1969年ベトナム精武体育会から招請を受けてベトナムに移って教鞭をとり、その後香港に戻って定住し拳法を教え、医術を行って生計を立てた。

 1990年までに、趙竹渓は螳螂拳を米国、カナダやオーストラリアなどの数十の西側諸国に伝え、弟子が大変多く、7万人の人々に拳法を伝えたと称するほど空前の盛況だった。

 東南アジアの主な伝承人は呉慶秋、黄耀斌、謝賜栄、李火煙、蒋耀輝、鄭華秋らがいる。アメリカの主な伝承人は鄭通治、呉秋、方国梁、王林陵らであり、オーストラリアは林子強、カナダには霍偉楽、黄傑漢、李智偉らである。

 趙竹渓の太極螳螂拳は、少林太祖門の精華と太極摩雲掌が混じりあったもので、自分の風格と体系を作り出している。趙竹渓は多くの奇門兵器を融合して自分の拳術の体系に入れており、その拳術の套路は山東の同門と比べると少ない。彼は厦門にいる間、南派の詠春拳の優れた点を吸収して「少林仏樁」百八式を創り、自身の武術体系を豊かに発展させたので、その伝人は「竹渓太極螳螂」と改称して、山東の太極螳螂拳と異なることを識別した。また「山東少林太極螳螂門」とも呼ばれた。

 趙竹渓一派の太極螳螂拳の特徴はハッキリしているが、その根本の源は依然として任、遅の両師を通じて梁学香から来たものであり、それは莱陽螳螂拳を発現地とする螳螂拳なのだ。

 趙竹渓の晩年は主に経穴と気理などの漢方医学の理論を利用して、民衆のために跌打風湿などの病気を治療した。1991年この名声の高い南洋の螳螂拳大家は螳螂拳への未練を胸にこの世を去った。