Site menu:

ブログロール

分会リンク

老螳螂掲示板

最近のコメント

最近の投稿

カテゴリー

お勧め書籍

莱陽三合功一代宗師李丹伯先生の記念碑発見2

 イリアさんが発見した記念碑は、2017年1月3日のネットニュースでは、「地功拳、螳螂拳一代の宗匠、李丹伯民国記念碑が発見」として話題になったようである。

 以下ネットニュースの記事を日本語に意訳して紹介する。

 「地功拳、螳螂拳一代宗匠、李丹伯民国記念碑が発見」

 山東省莱西市店埠鎮中由格庄村で李丹伯老師の記念碑が発見された。地元の人によると、李丹伯老師の記念碑はもともと店埠鎮中由格庄村東入口路の東側に建てられていたが、1990年代、計画上の必要により、村委員会が大院の境内に移し保管していた(*実際には、文革後道の石畳として使用されていたようです)。

 碑は白い花崗岩で、上部には丸みのある四角い碑で、碑大きさは高さ1.75m、幅0.67m、厚さ0.15mである。

 碑の正面の真ん中には「李丹伯先生記念碑」と言う文字が縦に刻まれ、左側に弟子36人(*王玉山師爺の名あり)、孫弟子14人(崔寿山先生の名前あり)の氏名が刻まれ、右側には碑を建てた親戚や友人の氏名が刻まれている。碑の裏側の碑文には、李丹伯老師の生涯の事績が記されている。

 李銘閣(1858-1911年)は本名を李仲翔、字を丹伯と言い、張炳斗先生の曾祖父である。李老師の体格は立派で腕力は並外れて強く、人柄は朴直で、義侠心に富み勇敢に行動する人であった。幼い頃から高殿基を拝して師として武術を習い、人並外れた能力を持っていると言われ、羅漢拳、地功拳に精通していた。

 彼は頭、手、足の功夫がとても優れていて、指は鉄のように堅く、その蹴りは飛ぶハエを粉々にすることができた。銘閣は拳法に精通しているだけでなく、知らない兵器はなく、槍の腕前はとりわけ優れており、自らその槍法は趙子龍の衣鉢を受けていると言い、当時の人も「趙常山」と呼んでいた。丹伯の名は天下に鳴り響いた。

 李銘閣、姜化龍、宋子徳の三人は義兄弟となり、その信頼は海のように深く、お互いに拳を交えて交流した。以後、李丹伯は羅漢拳、地功拳、螳螂拳を一つにして「三合功」と名づけた。姜化龍は羅漢拳などのエッセンスを螳螂拳に融合させてさらに進歩させた。化龍はさらに丹伯の拳法と螳螂拳のそれぞれのエッセンスとなる技を抜粋して変化させ、十二の単招式をアレンジして「奇要」(要中要ともいう)と命名した。螳螂拳の「奇要」と言われるのはこれを指すのだ。姜化龍はこの「奇要」を簡単に人に伝えず、愛弟子の李昆山一人しか伝えなかった。

 光緒27年、(清朝は)武科を廃止した。突然の武官への道が閉ざされた現実は、武学で高位公爵を取ろうとした李丹伯の遠大な野心と望みを打ち砕き、武挙で得られる官職の望みを取り戻すことができないまま、李丹伯は武館を設けて弟子を採って自らの楽しみとした。(莱西文史資料を抜粋、著者:張炳斗)。

莱陽三合功一代宗師李丹伯先生の記念碑発見1

ロシアの螳螂拳研究家であり、文化人類学者であるイリア・プロファティロフ(Ilya Profatilov、青島在住)さんが、三合功(螳螂拳、地功拳、長拳を合わせた李氏拳法)の一代宗師である李丹伯先生の民国時代の記念碑を発見した。

 彼と親しく交流をしている片桐さん(バランスアカデミー主宰、六合螳螂拳を中心に螳螂門全般を研究)からその情報を頂いたので、遅まきながら螳螂拳の新たな事実の記事として掲載する。

 片桐さんがイリアさんから受け取った連絡によれば、2004年の夏頃、李昆山先生のルーツを探るべく莱西市店埠鎮に入った処、村内で李丹伯先生の石碑があることを聞き、改めて2005~06年の正月にかけて現地を訪れ、石碑を確認したとの事である。

 李丹伯先生は、姜化龍、宋子徳両先生と義兄弟の契りを結び、清末民国初めの膠東の武術の発展に大きな影響を及ぼした。特に姜、李両先生の比武は「泰山北斗」として知られる処です。また「李銘閣」の名前は、1935年にまとめられた莱陽県志にも載る程、実力の高い武術家であった。

何彥頤老師追悼文

訃報
台湾 雲海武壇傳藝中心
何 彥頤 老師 ご逝去 

 2019年9月に行われた第一回日本国際螳螂拳交流論壇にて、台湾側のまとめ役をされた何彥頤老師が今年7月にお亡くなりになりました。享年49歳。
 何老師は1972年生まれ幼き頃より武術に親しまれ、兵役を終え、螳螂拳を中心に長拳、七星、梅花、八歩、六合の各派を尋ね、高道生、陳錫游、詹德勝といった名師に教えを請い、最終的に雲海武壇傳藝中心の戴士哲老師に拝師をし、その徒弟として技藝を深められました。
何老師は胸襟を開いて、海外の武術愛好者とも広く交流され、もともと日本語の造詣もあり、多くの日本人の拳友がおられました。
 何老師の本業は医師であり、衛生福利部台北医院の医師として新型コロナウイルス感染症対応の第一線で活躍しておられました。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

バランスアカデミー日本雲游拳房 片桐陽

訃告

臺灣雲海武壇傳藝中心何彥頤老師因故醫治無效, 於2021年7月逝世,享年49歲.
在2019年9月舉行的[第一屆日本國際螳螂拳交流論壇]上, 何彥頤老師是臺灣方面的主管人.
何老師出生於1972年, 自幼習武, 服兵役後, 以螳螂拳為主, 同時亦追求長拳、七星、梅花、八步、六合各派,
向高道生、陳錫游、詹德勝等名師求教, 最後拜雲海武壇傳藝中心戴士哲老師為師.
拜入到戴士哲老師門下繼續深造技藝. 他對海外武術愛好者向來推心置腹, 坦誠相待, 本來對日語造詣很深, 因此有很多日本拳友.
何老師的本職工作是醫生, 作為衛生福利部臺北醫院的醫生, 一直活躍在應對新冠肺炎病毒感染症的第一線.
為何彥頤老師祈禱冥福.

Balance Academy 日本雲游拳房 片桐陽

本文以日語為主

 先ずは、早すぎる登仙に心からお悔やみを申し上げます。
 一昨年東京で行われた-恐らく日本で初となる-論壇形式を採った螳螂拳の国際交流会の成功は、他でもなく何先生と片桐さんお二人の尽力の賜物であったと思います。さらに何先生にはその席上、六合、七星、八歩と言う台湾に伝承される螳螂拳の貴重な妙技を披露していただき、大いに勉強をさせて頂きました。
 この世界的な疫病の流行さえなければ、早々にお礼の杯を傾けにお伺いするつもりでしたが、それも今となっては叶えることができず大変残念です。
 何先生、中華武術と螳螂拳の研究は、我々老兄弟が今後世界に向けて発信していきます。どうか先に登仙された名人方と共に見守っていただきたいと思います。

日本老螳螂拳研究会 根本一己

 首先, 何彥頤老師之羽化登仙, 敬致哀悼.
 前年在東京所舉行的-恐怕是在日本首次舉辦-採用論壇形式之螳螂拳國際交流會的成功, 毫無疑問, 正是何老師和片桐先生兩位竭盡努力的結果.
 何老師在會上表演了珍貴精彩的六合、七星、八步螳螂拳, 即為在臺灣代代相傳的武壇傳藝之精湛技巧,這一場盛會,人人獲益匪淺.
 如果全球沒有陷入新冠疫情的危害,早就登門拜訪,向何老師敬酒致謝.
 無奈為時已晚, 沒能實現, 我感到非常遺憾.
 尊敬的何老師,艱苦鑽研中華武術與螳螂拳,今後我們老兄弟負責向全世界傳播宣傳.
 和先輩們在一起,請您用溫暖的心情來守護我們.
 致以深深的哀悼, 祈禱故人安息.

 日本老螳螂拳研究會 根本一己

 本文以日語為主